定住・関係・交流人口

アートを通して生活を豊かにする。

アートを通して地域の交流を生み出す。

・地域芸術祭の運営や、アーティストの企画込地域への紹介、自治体の課題に合わせたアートツアーなどアートイベントを提供
・人口減少をはじめとした活力の低下に悩む地域と、制作・発表場所に悩むアーティストの双方の課題を解決し、地域活性・芸術振興・次世代育成を行っていく

事例①:茨城県大子市
・自治体と共催し、空き家を利用したスタジオの運営・そこからの派生として芸術祭を運営
・制作・発表をするだけでなく、ワークショップなどアートを通して地域住民との交流を行うことで、地域を活性化する
事例②:群馬県館林市
・武蔵野美術大学教授による彫刻についての講義を行い、館林市にある彫刻に掃除し実際に手で触れる体験
・何気なく通り過ぎていたパブリックアートに触れることで、地元の文化財を身近なものとして再認識する

ソリューション概要

アート活用し交流の機会を提供する地域創生・芸術振興事業

ソリューション詳細

日本の地方地域では人口減少を主な原因として様々な問題が生まれている中で、アートは地域活性化の手段としても注目を集めつつあります。
当社は自治体の行う芸術祭をはじめとしたアートプロジェクトの監督やアーティストの選定を行い、制作・発表場所を求めるアーティストの課題解決をしながら、地域活性化を目指します。
また、日本各地に税金で作られた多くの屋外彫刻がありますが、普段なかなか目を向ける機会がありません。自治体ごとのニーズにあったイベントを儲け、地域の方々に自発的に地元に眠る社会資源を発見していただくことでアートをより身近なものにし、住む地域の文化に関心を寄せられるプログラムを提供します。