定住・関係・交流人口

ブロックチェーンインテグレーターとして社会にブロックチェーンを実装する

地域通貨・ブロックチェーンを活用した地方創生で世界的な関係人口獲得を支援

事例①:岡山県西粟倉村
・岡山県西粟倉村とともに地方創生ICOの取り組みを開始。国内外の様々なメディア、著名人が取り上げ、一時はtwitterのトレンドワードに西粟倉村が入ったほど話題に。
事例②:地方創生トークンサミット
・地域通貨とSTOを組み合わせた地方創生トークン戦略に取り組む福岡県朝倉市、長崎県平戸市、石川県白山市、宮城県石巻市と福岡県内の首長をお招きし、G20福岡関連イベントとして「地方創生トークンサミット2019」を開催。

ソリューション概要

地域通貨とSTOによる「地方創生トークン戦略」

ソリューション詳細

地域通貨として使用するコミュニティコイン(ユーティリティトークン)と地方創生事業開発資金調達の為に発行するセキュリティトークンによるSTO(Security Token Offering)を組み合わせ、世界的な関係人口を持つ地域コミュニティ、トークンエコノミーを形成することにより、補助金頼みとならない、自立・持続可能な各地域独自の地方創生を実現します。縮小する国内市場だけでなく海外での認知向上も行い、インバウンドを中心に外貨の獲得を促進します。