農林水産業

ルートレック・ネットワークスの地方自治体との取組み – 株式会社ルートレック・ネットワークスの事例

農業へのIT活用に関する情報発信および地域生産者の課題解決

スマートシティ会津若松の取り組みの一環としてスマートアグリ事業を推進。飯舘村をはじめとする原子力被災12市町村にて遠隔農業、経験不足をAI技術で補うことで帰村を促す取り組みを実施。

ソリューション概要

農業の「見える化」+最適な潅水施肥の自動実行+栽培データの蓄積

ソリューション詳細

地方では高齢化・人口減少が進んでおり、その中でも農家の平均年齢は66歳を超えると言われています。新規就農農家を支援し、産業としての農業を活性化するために、農業の中でも最も経験と勘が必要とされる「潅水・施肥」の自動化をいたします。各種センサーで取得したデータをもとに、最適な潅水・施肥量を計算し供給するだけではなく、農家様が手動で量を調整することも可能です。これにより、経験と勘で行ってきた農業のノウハウを蓄積し、伝承していくことが可能です。