創業支援

100年継続企業を創る|フューチャベンチャーキャピタルの取り組み

【地域特化型ファンド】
地域経済活性化を目的とし、地域金融機関等と共同で組成し、創業支援・事業承継支援を行います。出口戦略を必ずしもIPOを前提としないため、幅広い企業に活用いただけます。

【CVCファンド】
事業会社のオープンイノベーションの手段として、事業シナジーの高いベンチャー企業に投資します。投資先企業と事業会社との密な連携による協業・共同開発などといったアライアンスを狙います。

京都市との事例

京都市と「京都市スタートアップ支援ファンド」に関する連携協定を締結。
・ファンド投資先の行政サービス活用
・アクセラレーションプログラムの主導

大阪府との事例

大阪府と「おおさか社会課題解決ファンド」に関する連携協定を締結し、自治体の各種支援網を提供
・ファンド投資実行時のPR
・投資先企業の社会課題解決活動のPR

https://www.fvc.co.jp/