自治体改革

「消化」を目的とした広告運用ではなく、「費用対効果の高い」広告運用を支援 |株式会社デジタルチェンジの取組み

デジタル広告を使った効率的なPRで、多くのターゲットと繋がる


事例①:秋田県藤里町

自治体で運営しているfacebookページのフォロワー数(いいね!数)を増加させ、観光情報発信を拡大させたい

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

1つの広告で単に世界遺産を紹介するのではなく、複数枚の画像で1つのストーリーが構築していくことを狙ったところ、過去最高のクリック率を得ることができフォロー数が3カ月で18倍になった。

グラフ

自動的に生成された説明


事例②:広島県三次市

自治体運営の「LINE公式アカウント友だち数」を増加させ、市民への地域情報の発信ツールとして強化させたい。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション

自動的に生成された説明

市民が自治体LINE公式アカウントの友達になるメリ広告バナーで明確に表現。「新型コロナ」 「緊急・防災情報」「子育て」など、日々の暮らしに関連付けた内容で訴求したところ、友だち数が3週間で1.6倍になった。

グラフ

自動的に生成された説明

デジタルチェンジのご紹介


会社の紹介

会社名 株式会社デジタルチェンジ
所在地 東京都目黒区上目黒
代表者 代表取締役 朝倉啓友
設立 2015年4月
資本金 1,000万円


サービスの紹介

ミッション: 「消化」を目的とした広告運用ではなく、「費用対効果の高い」広告運用を支援

カレンダー

低い精度で自動的に生成された説明
  • どれだけ「広告費を使うか」ではなく、予算をいかに「投資対効果最大化」させるか
  • 観光地、移住地、特産品の認知を広げることで自治体への「集客増加」を目的としたデジタルPR広告の支援
  • 自治体DXの第一歩として、月13.5万円~の少額広告プランのご用意もあります。